年別過去の記事一覧

無地既製品のご購入はパッケージショップ・ジェイピー

取扱製品紹介

  • 学校・教育関係にお勧めの商品大集合
  • ドスコイ紙相撲キット
山元久良

ありがとうございます。
代表の山元久良です。

自己紹介

ブログ


会社案内

会社概要

スタッフ紹介

設備紹介

アクセスマップ

採用情報

通信販売法に基づく表示

個人情報の取扱に関して

YAMAGEN! ブログ

トップページ > 最新記事一覧 > こんな箱、誰が考えた?

2016.05.31 こんな箱、誰が考えた?

こんな箱、誰が考えた?

ハート型箱_ 1.JPG

ハート型箱_ 2.JPG

ハート型箱_ 3.JPG

こんな箱、誰が考えた?

紙箱や紙袋、ポリ袋など、各種パッケージを扱っている会社に勤めて40年。
先日、部下の結婚式に招かれ、素晴らしい演出で感激しながら、若い二人の
門出をお祝いさせて頂きました。
帰り際、色々と戴いた引き出物の中に、今風のかわいらしいパッケージに詰められた
クッキーを頂戴しました。
中身のクッキーは珍しくはないのですが、そのパッケージがハート型で、とても印象

残ったので紹介します。
職業柄、珍しいパッケージが有ると、すぐに箱をばらして構造を確認してしまいま
す。
案の定、組み立てられたハート型の箱は、容易に展開する事ができず、試行錯誤し
やっと平面にできました。
展開してみると、やはりその複雑さに驚き、こんな複雑な箱をどのように考えたのだ
ろうか?と、職業病的な視点で思いを馳せました。
当然、組み立ても困難極まりなく、考案された方は元より組み立て作業された方の苦

を察します。
今はキャド(図形編集ソフト)で色々な形式が設計出来るそうですが、昔ながらの手

りの経験からは、こんな展開形は想像がつきませんでした。
これからの時代は無限の可能性が広がって、パッケージの進歩が楽しみです。

営業本部長 小川義晴

ハート型箱_ 3.JPG


このページのトップに戻ります

 

創業61年のパッケージ制作10万件以上のプロ集団

スタッフ紹介はこちら 材質、印刷、お値段、納期など不明な点、お困り事などもお気軽にお電話ください。[全国対応]0120-1185-78 [東京]0120-99-4129 お問い合わせ・お見積り

既製品パッケージがいっぱい。YAMAGEN-NETの姉妹サイトで簡単にごっ購入いただけます。

パッケージショップ・ジェイピー無地などの既製品パッケージのネットショッピングページです。
100種以上の既製品手提げ紙袋、無地の各種サイズ形式の紙箱、巾着やリュックタイプのポリ袋や不織布袋、キャンバス地や不織布のトートバック、透明のパッケージ、クリスマスパッケージ、フランス包装紙、引き出物袋などなど


copyright (C) 2016 株式会社山元紙包装社 All Rights Reserved.


クリック お気軽にお問い合わせください お問合せ・お見積り
お電話でのお問い合わせは0120-1185-78