お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > おしゃれな紙袋の使い方3選

おしゃれな紙袋の使い方3選

おしゃれな紙袋の入手方法



皆さんは紙袋というとどのような物を想像しますか。無地のもの、柄の入ったもの、企業名の入ったものなど、様々なものがあります。今回は、この紙袋の使い方について紹介します。

一口に紙袋と言っても、洋服などの買い物をした時にもらうもの、プレゼントの時に使うものなどとても多くの種類があります。その中でも、おしゃれなものに焦点を絞ってみましょう。

入手方法としては、大きく2つの方法が考えられます。一つはお店で買うということです。もう一つは買い物をした時にもらうことがあるでしょう。

自分で買う場合は自分がいいと思ったものを好きなだけ買うことができます。インターネットや雑貨屋のようなところでは様々なバリエーションのものが取り揃えられています。更に、インターネット上ではオリジナルのものを作れるサービスもあります。そして近頃は100円ショップなども販売に力を入れています。特にバレンタインやクリスマスなど、プレゼントを送る季節になると更にバリエーションが増えます。

一方、買い物をした時にもらう場合はお金がかからないのが魅力です。お店のものはあまりデザインが凝っておらずおしゃれなものが少ないイメージがあります。ですが、最近はおしゃれなものを提供するお店も多く存在します。というのも、お店の紙袋を日常でお客さんが使えば、それだけでお店の宣伝になるからです。更に、これを気に入ってもらえれば、それを目当てに来店してくれるお客さんもいるかもしれません。このように、デザインにこだわることはお店にも消費者にも多くのメリットがあるということがわかります。意識して街を歩いたり電車に乗ったりしてみると、お店でもらったものを持っている人は意外と多いものです。おしゃれな紙袋は色々なところで手に入ることがわかります。あなた好みの一枚を、ぜひ見つけてみて下さい。



抑えておきたい、定番の使い方



気に入ったものを手に入れたら、後は使うのみです。ここでは、定番の使い方2つを紹介します。使い方の1つとして真っ先に思いつくのは、プレゼントをする際に使うラッピング用が考えられます。相手のことを考えると、持ち帰りやすいように袋に入れて渡したいものです。インターネットでプレゼントを買った時や、お店で買ったもののプレゼント用の紙袋がもらえなかった時は、絶好の機会です。相手の好きな色やプレゼントのイメージと合わせて紙袋を決めることで、更に喜んでもらえるようになります。例えば、ピンク色が好きな人に和風のプレゼントをあげるときには桜柄のものに入れてみたり、ということです。プレゼントを開けるときはわくわくして楽しいものですが、袋がおしゃれなら開ける前から楽しむことができます。

プレゼントに使うだけでなく、お出かけの際にバッグとして使うのも使い方の1つです。メインバッグとしては使いにくいかもしれませんが、お弁当などを入れるサブバッグとして最適です。また、近頃は紙の質感を持った耐久性のあるバッグも販売されているので、紙袋をメインバッグにしたいという方はそれを使えばメインバッグにすることができます。

大きさもお弁当箱と水筒をいれてぴったりなものや、更にお弁当箱を捨てられるものや小さく折りたためるものにすれば、持っていた袋は畳んで収納することが出来ます。使い終わった後は畳めばとても小さくなるのも長所の1つです。お弁当を入れるために様々な種類のバッグを用意するとどうしてもお金がかかってしまいますが、これなら安価なので自分の好きなものをたくさん揃えることができます。気分やお弁当の中身などに合わせてお弁当用の袋を変えてみれば、食事や通勤がもっと楽しくなるはずです。



おしゃれな紙袋は家でも大活躍、おしゃれ収納に



ここまでは、外で使う方法について挙げてきました。でも、家でだって色んな所で使えます。お気に入りを部屋に取り入れて、充実したお家ライフを手に入れましょう。

ベルトや帽子、耳あてなどの小物はファッションには欠かせません。でも、こまごましているのでクローゼットの近くには置きづらいという場合には出番です。小物の種類ごとに分けたりして小物をいれればとてもスッキリ収納することができます。足元においても、S字フックなどを使って服といっしょに掛けるのも良いです。おしゃれな紙袋が着替えの度に目に入るので、お出かけ前のテンションが上がること間違いなしです。

小物の中でも特徴を活かした使い方ができるのはコード類の収納です。携帯の充電器などは毎日使うのでいちいちしまったりしない方も多いかと思いますが、たまにしか使わないコードとなると話は別です。例えば、電子辞書の充電機、パソコンとテレビを繋ぐコードや楽器をやる方はアンプとつなぐためのコードなどがあります。紙袋の特徴の1つとして、中身の許す範囲で薄くおりたためることがあります。

これを利用して、1本ずつコードを紙袋にいれ、薄く折りたたみます。更にこれらをまとめて別の紙袋にいれれば、最低限の厚さのおしゃれコード収納の出来上がりです。それぞれに何のコードかわかるように付箋を貼っておくと使いやすいです。このように、おしゃれな紙袋は様々なところで使うことができます。ぜひこれだという一枚を探して、日常生活に取り入れてみて下さい。

>>オリジナル紙袋ならヤマゲン

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン