お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > オリジナル紙箱は制作コストを比較して選ぶ

オリジナル紙箱は制作コストを比較して選ぶ

オリジナルデザインの箱の需要



商品や試供品などを入れる紙箱を作りたいと考えている企業もあるでしょうし、少しでも販促に効果的なオリジナル紙箱の制作を依頼しようと検討している企業もあるかもしれませんが、紙箱一つで企業や商品に対する印象は大きく異なります。たとえ試供品一つとっても紙箱にまでオリジナリティを加え、他社とは一味違った雰囲気を出すことができればライバル社を一気に突き放すこともできるでしょう。オリジナルの紙の箱一つで他社との差別化ができますし、消費者に企業や商品を印象付けることも可能となります。

もちろん、オリジナルの紙箱は企業の販促だけに使用されるわけではありません。実にあらゆるシーンでオリジナルデザインの箱は使用されていますし、さまざまな業界において独自のデザインを採用したオリジナルの箱が使用されています。商品を入れる箱として使用されることが多い傾向にありますが、商品や試供品などを入れる箱なら、なおさら箱のデザインは重要ではないでしょうか。商品の性質にマッチしたデザイン、インパクトのあるデザインを採用できていれば箱の中身にも興味を持つものですし、次にも繋がるでしょう。

オリジナルの紙箱を作ってくれる業者はたくさんありますが、業者選びはもっとも頭を悩ませる部分です。業者選びの基準はいろいろと挙げられますが、大切なのは制作コストを比較して業者を選ぶということです。制作コストは業者によって変わってきますから、いくつかの業者を比較してコスト面から考えなくてはなりません。もちろん、比較するのはコストだけではありませんし、さまざまな部分を比較する必要がありますが、お金のことは特に大事な問題ですからまずはここを確認する必要があります。



商品の性質に合ったデザインを



オリジナルの箱をオーダーするときには、デザインを入稿しなくてはなりません。業者によってはデザインまで請け負ってくれるようなところもあるかもしれませんが、基本的にクライアントがデザインを用意するのが普通です。商品などを入れるオリジナルの箱をオーダーしようと考えている方だと既にある程度デザインのイメージはできているかもしれませんが、箱のデザインは売上にも関係する重要な部分ですから慎重に進めなくてはなりません。デザイン一つでお客さんが手に取ってくれるかどうかも変わってきます。

箱のデザインにこれといった決まりなどはありませんから、どうしてもこのようにしなければいけない、というものはありません。オリジナルデザインですから自由にデザインできる、と思ってしまうのが普通ですが、それほど簡単なものではありません。先ほども言ったように箱のデザイン一つでお客さんが購入するかどうかを決めることもありますし、それだけ箱のデザインは重要なものです。もっとも大切なのは商品の属性や性質に合わせるということで、あまりにも属性や性質とかけ離れたデザインになってしまうと販売数が伸び悩むかもしれません。

一例として、スキンケア関連の商品を梱包する箱の場合だとあまりに派手で毒々しいデザインは敬遠されてしまうでしょうし、できれば可愛らしくキュートなデザインを採用したほうが女性は手に取ってくれるでしょう。こうした部分でミスマッチが起きてしまうと売れ行きに影響しますから注意してください。



業者を選ぶときのポイント



業者選びはもっとも気を遣う部分ですが、まずサンプルを貰える業者を選ぶのは鉄板です。サンプルを貰えないとどのような材質なのか分かりませんし、仕上がりをイメージすることもできないでしょう。無料でサンプルを頂けるような業者を選べば手に取ったときの感触なども確認することができますし、よりイメージに近いオリジナル紙箱を作ることができるでしょう。また、完全オーダーで作るときには適度に打ち合わせをしてくれる業者だと安心です。打ち合わせが少ないと意思の摺り合わせができないまま制作に入ってしまいますし、イメージと違う製品ができてしまうかもしれません。

なるべく早く納品してくれる業者だと今後どうしてもすぐに紙箱や袋が必要というときに重宝します。イベントなどが急きょ決まり、それまでにオリジナルの箱や袋を用意しないといけなくなったときなどに、短期間で納品してくれるような業者だと助かります。急ぎで欲しいときに短期間で納品してくれる業者なら、さまざまなシーンに対応してもらえますからおススメです。

いつも大量発注するとは限りませんし、時には少ない数で発注したいというケースもあるはずです。一般的に紙袋や箱などは一度にたくさん発注しないと請け負ってくれないケースが多いですが、少ないロットでも対応可能という業者はいます。小ロット対応の業者なら50枚程度の個数でも対応してくれるでしょうし、ちょっとした社内イベントなどにも使えるでしょう。ほかにも多彩なシーンで使えますから、小ロット対応の業者を知っておくと今後便利ではないでしょうか。

>>オリジナル紙箱ならヤマゲン

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン