お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > ポリ袋のオーダーがしたいならこちらの情報をチェック

ポリ袋のオーダーがしたいならこちらの情報をチェック

この先ポリ袋のオーダーを考えている方のために



ポリ袋・ビニール袋は、業者にオーダーして製作してもらうことも可能です。それらの袋の中でも、特にショッパーはリーズナブルな価格設定がなされている他、水濡れにも強いというメリットがあります。また、紙袋や不織布バックと比較して、制作に要する期間が短くて済むので、急いで商品を調達する必要に迫られている場合にもおすすめです。ショッパーは、とりわけアパレルショップで利用されることが多い商品です。

これからポリ袋のオーダーをしようという場合には、商品の形状をチェックすることも大切になります。ポリ袋の形状には大きく分けて「手穴タイプ」・「ポリハンドルタイプ」・「フィンバッグ」・「ショルダーバッグ」・「巾着タイプ」・「Uバッグタイプ」という6つのバリエーションがあります。その内、手穴タイプは、制作に掛かる費用がリーズナブルなので、規模の大きいキャンペーンで数多くの参加者に配布する際に活躍する袋の形状です。また、パンフレットやカタログなどを配布する際にも利便性が高くなります。

続いて、ポリハンドルタイプは強度があるため、配布時のみならず、2次的な利用を見込むことが可能です。こちらは、アパレルショップで利用されるケースの多い形状になります。次にフィンバッグは、展示会やアパレル商品を入れる時など、やや高級なイメージを演出したい場面で使用されています。また、ショルダーバッグは口の部分を締めて肩に掛けたり背負ったりすることができます。若年層に好まれる形状で、配布時以外の2次的な利用が見込まれます。巾着タイプは口を縛ることができるため、かさばる商品の持ち運びにとても便利です。2次利用されるケースも多いので高い宣伝効果が期待されます。

Uバッグタイプはスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのレジ袋として目にする機会の多い形状です。強く引っ張っても破れにくい性質で、重いものを入れるシーンにも適しています。このようなショッパーポリ袋をオーダーする場合には、オリジナルサイズの商品を制作してもらうことも可能になります。そして、袋の底や横の部分にマチを入れると袋の容量が増え、多少大きなものを入れても余裕を持って収まるようになります。



オーダーする際には商品の形状・素材もチェックしよう



ポリ袋のオーダーに際しては商品の素材にも気を配りたいものです。ポリ袋の素材には、「HDPE」・「LDPE」・「梨地」という3つの種類があります。

その内、HDPE製のポリ袋は、一般に「ビニール袋」・「レジ袋」などと呼ばれているものです。触った時には「シャリシャリ」や「カシャカシャ」といったような音が鳴り、LDPEと比較すると透明度は低くなります。HDPEは薄い材質ながらも非常に丈夫な性質の素材です。また、価格もリーズナブルであるため、数多くの業種で使用されています。

次に、LDPEは一般的にはゴミ袋に使用されている素材です。柔らかくてなめらかな手触りで、HDPEよりも透明度が高く伸縮性に富んでいるので、より高いクオリティの製品をお探しの方におすすめです。

そして、梨地はLDPEと同様にやわらかく伸縮性に富んだ素材ですが、表面に特殊加工がほどこされています。マットな質感となめらかな肌触りに特徴があります。製品価格は高めに設定されているものの、高級なイメージを演出することのできるこの素材は、高級ブティックなどで利用されるケースが多く見受けられます。



その他にチェックしておきたいポイントは?



ショッパーポリ袋をオーダーする際は、生地のカラーもチェックポイントとなります。商品の生地色としてどのような種類があるのか気になる方は、インターネット上でショッパーポリ袋のオーダーメイドを手掛ける業者が運営するホームページ上にも見本が掲載されているのでチェックしてみると良いでしょう。ただし、それらのサイト上の生地色は、パソコンの使用環境やモニターの設定によって実際の色と多少違って見える場合があります。また、紙袋に印刷する場合、使用するインクの総量によって価格に大きな違いが生じてきます。ショッパーの印象を決定する上で印刷カラーは重要な条件でもあるので、一人ひとりのニーズや希望条件に合わせて適切な印刷方法を選びましょう。

ショッパーの印刷方法には、「1色印刷」・「2色印刷」・「4色フルカラー」・「1色ベタ塗り」・「2色ベタ塗り」という5種類があります。

その内、1色印刷は、ロゴや基本となるデザインを単色でシンプルに表現する印刷方法です。シンプルであるがゆえにロゴやデザインがひときわ目を引き、人々の注目を集めることが可能となります。また、2色印刷では、ロゴと基本デザインなどを2色の組み合わせて表現することができます。単色よりもデザインのバリエーションが増えて、お洒落な仕上がりになります。

>>ポリ袋のオーダーならヤマゲン

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン