お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > ラッピング用ビニール袋の種類と目的別選び方

ラッピング用ビニール袋の種類と目的別選び方

ラッピング用ビニール袋



ビニール袋はラッピングにも使える便利なアイテムです。プレゼントの大きさや形によって、袋の大きさも選べますし、包む時も少し空気を入れて膨らませるようにすると見栄えが良くなります。ラッピング用のビニール袋も販売されていますが、オリジナルを作ってそれを使う事もできます。最近では、ショップでラッピングを依頼すると、ショップのロゴが入ったビニール素材の袋で包装してくれるところも多いです。

ビニールに印刷する事もできますし、ベースの色も選択肢がありますから、色違いで作ったり、オリジナル性を出すために自分の名前やショップ名、会社名などを入れたりする事もできます。ビニール袋をオーダーするとたくさんの費用がかかるのではないかという不安がありますが、専門の業者に依頼すれば枚数も選べますし、用途に合わせて大きさも変えられます。業者による違いはありますが、安くオーダーできるところも多いので、気軽にオリジナルを作れるのもメリットです。

今はビニール袋の専門業者も増えていますし、機械も進歩しているので、文字やロゴだけでなく、写真やカラー印刷も可能となっています。取っ手をつけたり、紐を付け巾着タイプにしたりと、その種類も豊富です。業者によって扱う形や素材の違いはありますが、ネットで探せるのでとても便利です。ただし1枚からのオーダーというの難しいことが多いので、オーダーする前に最低ロット数を確認しておくと安心です。

素材はポリエチレンが多いですが、中には環境に配慮した素材もあるので、素材が選べるところがおすすめです。枚数により納期は変わりますが、信頼と実績のある業者なら、安心してオーダーできます。プレゼント用のラッピングはもちろん、ちょっとした手土産を持っていく時もオリジナルの袋に入れていくとおしゃれですし、もらった後も何かに使えるということで喜ばれることも多いでしょう。



オリジナルビニール袋



プレゼントやちょっとした品物を贈りたい時に、オリジナルのビニール袋でラッピングすると見た目の印象がアップします。ビニールというと安っぽい印象を持たれがちですが、今は種類も増えていますし、個人でもオリジナルをオーダーできます。ビニールなどラッピング用品を扱う業者や、他の素材の袋を作っている業者ならビニールの種類も豊富ですし、自分でデザインしたイメージをそのまま形にできます。

オリジナルをオーダーしたいけど、いいデザインが思い浮かばないという時は、デザインのイメージを伝えてオリジナルのロゴを作成してもらえる業者を探してみてください。オリジナルロゴの作成には費用がかかることがありますが、世界にひとつだけのオリジナル袋ができます。デザインに関しては、イメージに合わせていくつかのパターンを作ってもらえる業者であれば、その中から気に入ったものを選べるでしょうし。

費用はかかりますが、一度オリジナルロゴをデザインし作成しておけば、追加で注文する時もそのロゴを使えます。また、オリジナルのラッピング袋をオーダーする場合は、ネットから注文できると便利です。ネットでもデータを送れますし、オリジナルにこだわりたい時も、ネットで手続きが完了するのは、かかる手間が最小限になります。オリジナルロゴやオリジナルデザインを依頼する場合は、データを業者が指定するファイル形式で保存し、メールに添付して送ります。



ビニール袋のタイプ



ラッピング用のビニール袋をオーダーするにしても、種類が多いのであらかじめどんなタイプや種類があるのかを確認しておくと安心です。素材はほとんど同じですが、色や形が変わるだけでも雰囲気が違ってきます。無地にアルファベットで名前を入れたり、写真をプリントしたりする事もできるようになっています。

ビニールのイメージは長方形ですが、紐をつけた巾着型、取っ手をつけて手提げ風にもできますし、細長い楕円の穴を持ち手にする事もできます。

ビニールというよりも紙袋に近いデザインもありますし、少し厚手のビニールを使って紐をつければ手提げタイプも選べます。スーパーに行った時、買ったものをビニールの袋に詰めて落ち帰りますが、あのスーパーで使われているロゴ入りのビニールもオーダー可能です。

ラッピングする時は中身が見えないと何が入っているかわからずその分楽しみも増えますが、あえて中を見せるラッピングもできます。全部透明のものを選べますし、透明の素材を選んで色や柄をプラスするなど個性を出すことも可能です。

オリジナルをオーダーする時は、前もって見積もりをしておくと費用の面でも安心です。オリジナルビニール袋はネットでも簡単に探せますが、いくつかの業者を選び見積もりを比較すれば、価格の違いや素材、デザインの違い、価格も違いなども見えてくるので、予算や希望のデザインを作ってくれるかなど、いろいろな条件を比較して選べます。見積もりは業者のホームページに専用フォームがあるところが多くなっていますので、そこから送って回答を待ち、全ての見積もりが揃ってから比較すると良いでしょう。

>>オリジナルのビニール袋ならヤマゲン

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン