お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > 今時の紙袋は意外に丈夫

今時の紙袋は意外に丈夫

紙袋のメリット



何か買い物をした時には、入れ物に入れて持って帰ります。スーパーなどでは今でこそ商品を購入後持って帰るためにビニール袋が定番となっていますが、昔の入れ物としては紙袋が定番でした。ですが最近見かけなくなっています。スーパーから消えてなくなっているのは、ビニール袋の方が安価であり、破れにくくて丈夫だからという理由です。

紙袋はいろいろな形に作ることができて、扱いやすい材質です。紙は形状を簡単に変えられるため、デザイン的にもいろいろなバリエーションができるというメリットがあります。入れる商品に合わせてサイズや形状を選べる上に、袋自体にブランド力を感じさせることもできます。ブランド名の入った袋は、さりげない宣伝効果があり、袋自体に高級感を持たせることでそのブランドや店舗のイメージアップも図れます。

また、オリジナルの紙袋を作ってもらうと世界に1つだけしかないマイバッグになります。ビニール袋に比べて、色をつけたり絵を描いたりが容易で加工しやすいので、ファッションの一部として遊び心を満足させることもできます。

紙袋は、再生紙などを利用することで費用的にも安く作ることができ、リサイクル、リユースにも役立ちます。また、人にプレゼントを渡すときにもラッピングの工夫ができるので、気持ちを伝える手段としての役割もあります。



オーダーメイドをする場合



オーダーメイドをする場合、注意しなければいけないことがあります。まずサイズですが、実際にどのくらいのものを入れるのかをしっかりと想定してから縦・横・巾のサイズを決めなければいけません。これが一番重要なことで、これを間違えるとせっかくのオーダーメイドが意味をなくします。サイズを決めるときに、企画品で代用できないのかを確認してから、規格品のサイズでは補えないような場合に限ってオーダーメイドをするようにしてください。当然規格品の方が安く製作する事ができるので、必要としているサイズが規格品で賄えないことを確かめてからオーダーするようにしましょう。

サイズが決まると次に色やロゴをどうするかを決めていきます。ここからは実際にどんな袋が欲しいのかをしっかりとイメージしてから作らないとどんな紙袋が欲しいのかわからなくなり、出来上がりが心配になります。紙袋の目的やコンセプトを再度確認するようにしましょう。

表面処理をどうするのかも見た目が大きく変わってくるので、しっかりと決めないといけません。表面加工にはいくつか種類があり、PP加工(グロス)はフィルムを貼り付けることで防水性を高めてくれます。PP加工(マット)は同じ光沢を出すのでも上質な光沢を出してくれます。箱押しというものもあり、金属的な凸版で印刷面にはメタリックなフィルムを圧着してくれます。洋服店などでよく利用されています。ニス引きというのはPP加工よりも薄くなっていて防水性もあり、PP加工が出てくる前に多く使われていた製造法です。最近でも雑誌のロゴなどに使われています。

それぞれ特徴があり、価格も含めて長所、短所がありますので、よく考えて決めるようにしましょう。



紙袋の多様性



オリジナルの紙袋の作り方はいろいろな方法がありますが、価格を安くおさえたい場合は規格サイズの袋を活用しましょう。それをアレンジすることで費用をおさえることができます。規格なのでサイズが合えばすぐに購入することができます。洋服などで言えば既製品に相当しますので、当然オーダーメイドで作るよりは安くなります。最近のものは安価でも品質が良く防水性が優れているものもあり、水に多少濡れても破れたりしないものがあるので、紙袋は水に弱く破れやすいという概念が変わってきています。

洋服を購入した際に使われている紙袋はデザイン性が優れていて、比較的耐久力もあり、後々再利用されることを念頭において作られている場合が多いです。ブランド名が書かれたセンスの良い紙袋を活用してもらうことによって、ブランドのイメージアップや宣伝効果を期待できます。

用途、目的、それをお渡しする消費者の年齢層、オリジナルの紙袋を作製することで得られるメリット、デメリット、コスト等を十分に検討し方針が決まれば業者に相談してみましょう。サイズに関しては規格以外のサイズでも臨機応変に対応してくれると思いますが、発注する枚数によってもコストは変わってきますし、素材の厚みを変えたり、表面処理を変えたり、持ち手のデザインやロゴのデザインや配置など、ちょっとしたことでコストに差が出ます。依頼する時は複数の業者に見積もりを依頼し、コストを下げるための妥協点、または絶対に譲ることのできないことなどを伝えるようにしましょう。そうすることで、できるだけ低コストでイメージ通りのオリジナリティのある紙袋を作ることができます。

ビニール袋ですと、素材上どうしてもチープ感があり、見た目も同じようなものになりがちなので、ロゴにまで目をとめてもらうのは難しいかもしれませんが、紙袋ですと様々な可能性が広がります。

環境にもやさしい素材なので、是非活用していただくことをお勧めします。

>>紙袋に関してはヤマゲンがおすすめ

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン