お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > 宣伝手提げ袋で企業アピールをするメリットとは

宣伝手提げ袋で企業アピールをするメリットとは

手提げ袋を使うことによって得られる宣伝効果とは



企業の名を広げたい、もっと商品を知ってほしい、そう考えたときに、企業アピールをする方法はいくつかあります。メジャーなものでいえばCM製作やチラシ配布などがあげられることでしょう。ただし、CMは莫大な広告費がかかりますし、チラシはどこで誰に手をとってもらうかを戦略的に考えなければ、無駄になってしまうこともあります。そこで、コストも低く、宣伝効果が抜群によいとされている広告媒体が、宣伝手提げ袋です。これは店名やブランド名、会社名などが入った、その企業オリジナルの手提げ袋のことを言います。商品を買ってくれた方、イベントに来てくれた方、お世話になっている企業に配るなどして活用します。しかし、こうした宣伝手提げ袋になぜ宣伝効果があるといえるのでしょうか。ここでは宣伝手提げ袋の効果やメリットを解説します。

宣伝手提げ袋は、その企業のビジネスに関係している人に配ったり、購入してもらったりして、社外の人に広めていくことを目的としています。もらった人たちが、企業名がかかれた手提げ袋を持ち歩くようになれば、電車や街中などの思わぬところで、図らずも企業名を見てもらえるような仕組みになります。少しでも目立つものであれば、目に留まる存在となり、企業名の宣伝となることでしょう。

また、「使える」というところが、チラシなどと違い、便利で宣伝しやすい存在であるといえます。手提げ袋は一度配れば終わりというわけではありません。使い勝手がよければ、もらったその日だけではなく、何かしらの用途で、使いまわしてもらえる可能性があります。そうすれば、1度だけでなく、2度、3度と宣伝のチャンスが巡ってきます。莫大な広告費を払うことなく、勝手に何度も宣伝してもらえるのです。さらに持っている人は、企業に何かしら関心のある人かかかわっている人に限られます。ファンを増やして行くようなイメージで、企業名を広めていってもらうのです。



持ち歩いてもらわなければ意味がない



宣伝手提げ袋は、宣伝の媒体にするメリットがたくさんありますし、実際、宣伝しようと思ってもできない人たちの目に留まる可能性もあります。しかしながら、これは手提げ袋を使ってもらった場合のことです。この手提げ袋が、とてもセンスがなかったり、使い勝手が悪かったりすれば、誰も使わなくなり、宣伝効果もまったくなくなってしまいます。つまり、ただ手提げ袋を作るのではなく、きちんと目的と用途を考えて作らなければなりません。

まず、手提げ袋には何を入れるのでしょうか。入れるものによって袋の厚みや素材、大きさを変える必要があります。たとえば、会社のパンフレットを入れて配ったり、商品サンプルを入れて配ったりするのもアイデアの一つです。その場合、パンフレットが入るような大きさにしたり、商品サンプルが入るような奥行きを作ったりする必要があるでしょう。

また、手提げ袋の色や、デザインも考える必要があります。色は、企業にとって良いイメージになるものを選びましょう。すでに企業カラーが決まっている場合は、それを利用してもよいかもしれません。それから、企業名を入れることを忘れてはいけません。これはロゴであったり、イメージキャラクターと一緒にいれたりと、いくつか工夫をすることができます。きちんと企業や商品をアピールできるデザインを取り入れましょう。

袋自体がしっかりとしたものであったり、普段使いしやすいデザイン、かわいい、またはかっこいいデザインであったりすれば、ほかの用途で使ってもらえることもありますし、そうすれば、また宣伝できるタイミングが増えるでしょう。使い勝手やデザインもまた、宣伝手提げ袋の重要な要素になります。



業者に頼んで作ってもらおう



宣伝手提げ袋を利用した企業アピールは大変に効果があります。しかし、持ち歩いてもらわなければ意味がないですし、確実に目に留まるものにしなければならないため、もし実行するのであれば、デザインや大きさをきちんと考えて作る必要があります。こうした手提げ袋の作成は、個人で作ることが難しいため、プロの専門業者にお願いすることをおすすめします。

まず、企業として持ってもらいたいイメージや、使いたい色、デザイン、大きさなどを考えましょう。それをもとに、業者と具体的な内容や金額の見積もりを話し合います。メールや電話で対応してもらえるところがあるので、連絡をとってみましょう。相手はたくさんの製品を作っている企業のため、プロの視点からさまざまなアドバイスをしてくれるはずです。具体的にどんなものができるかは、インターネットのサイトでもサンプル品は見られますが、業者によってはすでに製造された実際のサンプルを見せてくれることもあります。どんな風にできあがるか、手触りなどを確かめることができるので、はじめて注文する場合であれば、問い合わせてみるとよいでしょう。

製作期間は、手提げ袋の大きさやデザイン、作る量によって、まったく違ってきます。余裕を持って申し込みたいところですが、急ぎであれば相談してみましょう。最短1、2週間ほどで仕上げてくれるところもあります。時間がかかる素材やデザインであれば数か月必要となることもあります。デザイン内容の相談自体は、直接会って話し合うこともできますが、忙しければ電話やメール、FAXでも対応してもらえるところが多いです。納得する製品づくりのため、できるだけ理想を伝えて調整をしましょう。

そして、デザインや大きさが決まれば、あとは製作してもらうのを待つだけです。価格帯はまちまちですが、最近は手ごろな値段で作ってくれるところも多く、利用しやすい状況にあるといえます。企業の商品をうまくアピールできずにいるのであれば、宣伝手提げ袋を使ってみてはいかがでしょうか。ビジネスをうまく進めるための特効薬になってくれるかもしれません。

>>オリジナル手提げ袋ならヤマゲン

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン