お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > 紙袋の材料にはどのようなものがあるのか?特徴を解説

紙袋の材料にはどのようなものがあるのか?特徴を解説

いろいろ使える「クラフト紙」が定番材料



生活の中のあらゆるタイミングで使うことのある紙袋。ショッピングの際にもらったり、何かをプレゼントするときに利用したりします。ふだん、そこまで気にしたことがないかもしれませんが、実は、紙袋の材料というのはたくさんの種類が存在します。紙袋自体を作る紙や、持ち手を作る紐の部分、あるいはコーティングをしたり、デコレーションをしたりする材料も紙袋を作る材料の一部です。ここでは、紙袋はいったい何でできているのか、材料の特徴を解説します。まずは紙袋の大部分を占める、紙の部分です。紙袋にはほとんどの場合、「クラフト紙」というものが使われます。手ごろで、紙袋の素材として親しまれている材料です。

さらにクラフト紙自体も、さまざまな種類があります。一番使われているのは、「晒クラフト」という素材でしょう。これは漂白されたクラフト紙のことを指します。手ざわりがざらざらしていて、紙の特性をうまくいかしているのが特徴です。紙の触感が必要でない場合は、なめらかな触り心地に片面を調整した「片艶晒クラフト」を使うとよいでしょう。手作り感を出すのであれば艶処理していないほうがよいかもしれませんが、処理したほうが上質なイメージになります。

反対に、「未晒クラフト」は漂白されてないクラフト紙のことです。漂白するとたいてい紙の強度が弱くなってしまうため、漂白していない未晒クラフトは、クラフト紙の中では一番の強度があります。重いものを入れたい場合は、こちらの方が良好でしょう。晒クラフトと未晒クラフトの間には、「半晒クラフト」というものもあります。クラフト紙を半分くらいの割合で漂白したもので、封筒などによく使われているものです。このように、クラフト紙には漂白をしたり、艶掛けをしたりすることによって、さまざまな種類の紙袋の材料となっています。これ以外にも紙袋の材料になるものはありますが、クラフト紙は代表的なものの一つです。



紐の種類と特徴



紙袋の材料の中で、袋の部分と同じくらい重要なのが、持ち手の紐の部分です。ここが違えば、持つ感覚が変わったり、シルエットが変わったり、紙袋のデザインにも大きく影響します。たとえば、「PP紐」と呼ばれる紐があります。これはポリプロピレンでできているため安くて強い素材となっていて、重いものを入れたいときには便利ですし、安く仕上げたい場合にも、値段がそこまでかからないのが利点です。PP紐よりも上質な印象を持てるのが、エクセルフィラメントの紐です。こちらもPP紐と同様にポリプロピレンでできていますが、光沢があり、細かい網目でできています。上品なアクセサリーの袋などにも使われている紐です。少し高級な印象を持たせたいのであれば、こちらを選ぶとよいでしょう。強いタイプであれば、アクリルの平紐もおすすめです。これも重いものに対応できる強さがありますが、PP紐に比べて、持ち手がやわらかい印象です。洋服ブランドなどのショップバッグによく利用されています。

ほかには、紙袋と同じで、紙でできている紐があります。たとえば「紙単丸紐」は、細い髪をくるくるとねじってできています。強度はほかの紐に比べて低いですが、安価で購入することができます。より強度を大事にしたい場合は、「紙三本紐」もあります。これは、紙単丸紐のような紐を3本ねじって作ったものです。紙で作っているのでほかのものに比べて弱いですが、紙単丸紐よりも強度があり、高級感を出すことができます。このように、紙袋の材料には、袋の部分だけでなく、紐の部分でも印象や使い勝手を変えることが可能です。



紙袋を工夫しよう



紙袋の紙、紐の部分が基本的な紙袋の材料となり、その種類は豊富にあります。もし自分でカスタマイズして作ったり、業者にお願いしたりする場合は、紙の部分と紐の部分でどのようなものを使うか、きちんと考える必要があります。しかし、紙袋の材料というのは、じつはほかにもあります。紙袋に、ロゴを入れたり、イラストを印刷したり、何か、デコレーションをしたりする場合は、それをするための材料が必要となります。たとえば、紙袋に色をつけるのであれば、紙袋はカラーつきのもので作るより、カラーを印刷したほうが安く仕上がるということがあります。この場合、オフセット印刷や自動製袋フレキソ印刷など、専門の業者の機材を使って印刷してもらわなければなりません。こうした印刷のカラーインクなどが必要となります。印刷するのは、カラー印刷だけではありません。

たとえば紙袋に一般的な色ではなく、金や銀などの輝きを入れたい場合は、ホットスタンプと呼ばれる箔押し印刷をすることができます。こうした印刷を使うことで、紙袋に違った印象を与えることができるのです。紙袋全体に光沢を出したい場合は、シルク印刷をします。高級感が出て、紙袋も丈夫になります。印刷材料以外には、紙袋に加工する材料もあります。たとえばニスは、紙袋の紙質を守り、色落ちを防いでくれます。マットPPやグロスPPといった、紙袋を長持ちさせるためのフィルムもあります。紙袋には、紙と紐だけでなく、デザインをよりよくする材料や、紙袋を長持ちさせるために工夫を凝らしてくれる材料もたくさんあるので、もし今後オリジナルの紙袋を作るような機会があれば、これらのことを参考にしながら、目的に合った紙袋を作ってみてください。

>>オリジナル紙袋ならヤマゲン

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン