お問合せ
お見積り
紙袋の山元紙包装社 > コラム > 通販でも簡単に手に入るビニール袋

通販でも簡単に手に入るビニール袋

簡単に手に入るビニール袋だけど



だれでも手軽に手に入れることができるビニール袋は、さまざまなところで使われています。スーパーで見かけることが多いことから使い捨てにされることもありますが、いろいろな活用方法がある袋です。

そんなビニール袋ですが、歴史を見てみると、フィルム製の袋としては塩化ビニールを原料として誕生しました。それから数多く生産されるようになり、薄くして強度があるポリエチレンが使われるようになったのです。そのため、現在ビニール袋と呼んでいる袋の多くは、ポリエチレン製であることが多くなりました。つまり、一般的によく見かけるビニール袋ほとんどがポリエチレン製といっていいでしょう。

そんなビニール袋は、高分子結合で生成して作ります。リサイクルといったことに似ている工程を持っていることから、使い捨てどころか廃棄行程に至るまで、確立されているのが特徴です。以前よりもさまざまなものが開発されて作られるようになり、白以外のものも作られるようになりました。耐久性も高く、見た目よりもはるかに使いやすいものになってきています。

材質的に見てみると、実はさまざまな種類があり、それぞれに違いがあるといっていいでしょう。ポリエチレンは、原材料が安いのが特徴です。プラスチックの種類の中でも、加工しやすいという特性を持っているところがポイントとなるでしょう。ポリエチレンといっても、低密度ポリエチレンや高密度ポリエチレン、リニアポリエチレンなどがあり、それぞれ違う特性を持っています。ポリプロピレンもありますが、こちらもインフレーションポリプロピレンや無延伸ポリプロピレン、二軸延伸ポリプロピレンなどがあり、数多く活用されるようになりました。ポリ塩化ビニルやビニロンも多く活用されています。



ビニール袋の違いは表記でわかる



ビニール袋を通販で購入する場合、いろいろと表記があることに気が付くでしょう。PP袋やPE袋といった表記です。ビニール袋は、ポリエチレン袋などと混同したり、一緒に考えられたりすることもありますが、この表記を見ると違いがはっきりと分かるようになっています。PEはポリエチレンであり、PPはポリプロピレンだからです。では、ビニール袋はといえば、PVCと表記されます。

PVCは、引裂強度が高いことがポイントで、フィルム袋としてとても強靭です。加工がしやすいために、耐久性も高められ、柔軟性があって、透明にすることもできて、経済性も高いという高性能な素材になっています。ただ、溶着がPPなどに使われるヒートシールではできないことから、高周波ウェルダーによって加工しなければいけないところが違いです。実は滑りが悪く、腰がないというのが欠点で、温度の影響を強く受けてしまいます。温度が上がれば柔らかくなりますが、下がればとたんに硬くなる特性を知っておかなければいけないでしょう。通販で購入する場合、小ロットでも生産できるところは、扱いやすいですが、その反面で単価はPPやPEに比べると高くなります。そのため、用途がはっきりしているのであれば、ポリ袋を選択したほうが、加工もしやすく、思い通りの商品を手に入れることができるでしょう。



種類も豊富で印刷もできるからこそ



ビニール袋を通販で購入することを考えた場合、何気なく使っていた時よりも、いろいろなかたちがあることに気が付くでしょう。長方形になっているものが一般的で、この形が一番多く使われていることは確かですが、それだけではなくマチが入っていたり、多くのものが入れられるようになっていることもあります。持ち手がついているものもよく見かけるでしょう。スーパーで使われるタイプです。このようなタイプの場合には、取手の部分にとても強い力がかかります。そこで、持ち手部分を強化してあるものもあります。

吊り下げやすいように、穴をあけてあるタイプもあり、使い勝手を向上させられるような設計です。耐熱性を高めるためには、薄くては対応できないため、厚手の素材が使われます。また肩にかけやすいように片リュックタイプのものもあります。このように、用途に合わせて加工ができるところも良さといえるでしょう。

通販で購入する場合、印刷を考えることもあるはずです。企業の販促などで使うこともありますし、何か統一したイメージをつけるために加工を考えることもあるでしょう。さまざまな印刷ができるようになってきてはいますが、表面の状態によっては印刷がうまくいかない素材もあります。素材の特性の違いになりますが、こうした問題が生じることもありますので、事前に確認を行なってから選定することも重要でしょう。多くの選択肢がありますから、一番適した素材を選んで作ることが大切です。枚数の制限もありますので、必要な場面や状況を考えて選んでいけば、きっと納得いく製品を見つけることができるようになるでしょう。

>>オリジナルのビニール袋ならヤマゲン

次の記事へ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1158-78、東京0120-99-4129
無地既製品のパッケージショップ

選ばれる理由|オリジナル紙袋の印刷ならヤマゲン