お問合せ
お見積り

ヤマゲンブログ

  1. 紙袋・紙箱通販のヤマゲンTOP
  2. ヤマゲンブログ
  3. カラークラフト紙とは

カラークラフト紙とは

カラークラフト紙とは

紙袋は、コストに対して丈夫なうえに、ある程度自由にデザインできるのが特徴です。紙袋が必要な際は、素材選びにも注目してみましょう。カラークラフト紙は、紙袋に使われる素材の一種です。

今回は、カラークラフト紙の特徴について詳しく紹介します。

カラークラフト紙は紙そのものが染められている

クラフト紙に最適な各色を用いて染めたものが、カラークラフト紙です。紙袋の素材として広く認識されていますが、ほかにも小学校の図画工作で使用したり、七夕の飾り作りで活躍したりしています。

触感は画用紙に近く、ざらっとした素材の雰囲気が感じられます。カラークラフト紙のポイントとして、印刷ではなく染めることで色をつけている点が挙げられます。このことから、たとえ濡れてしまっても、色は落ちません。

また、断面や裏側にも表面と同様の色がついています。染色によって色がついているカラークラフト紙ならではの特徴です。

基本的にはクラフト紙の特徴を受け継いでいる

カラークラフト紙は染色したクラフト紙ですので、前の段階の特徴を受け継いでいます。クラフト紙は、一般的に段ボールや包装紙に使用される素材です。触感としてはざらざらしており、紙らしい素材の雰囲気が感じられるでしょう。

クラフト紙は丈夫なので、大変紙袋に向いている素材です。そのため、カラークラフト紙も紙袋の素材として適しています。

紙袋の素材にカラークラフト紙を選ぶと印刷費がお得

カラークラフト紙は、染色によってあらかじめ色がついています。そのため、カラークラフト紙にさらにデザインを印刷する際には、印刷色を1版減らすことが可能です。

印刷色を1版減らすことで、印刷作業の手間を1つ少なくできます。このことから、印刷する内容によっては費用の節約につなげられるでしょう。

理想のデザインや色があるのならカラークラフト紙がおすすめ

カラークラフト紙は、クラフト紙の丈夫さにカラフルさをプラスした素敵な素材です。印刷ではなく染色しているため、裏側からも色が確認できます。印刷の仕方を工夫することで、カラークラフト紙だからこそできるデザインや印刷の節約術などもあるのは嬉しいポイントです。

紙袋をお求めの方は、ぜひ山元紙包装社にご相談ください。お客さまのご要望に合わせて理想の紙袋をご用意いたします。

  • いいね
  • ツイートする
  • Lineで送る
  • RSSフィード
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1185-78、東京0120-99-4129、夜間・休日090-6554-6006
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1185-78、東京0120-99-4129、夜間・休日090-6554-6006
無地既製品のパッケージショップ