お問合せ
お見積り

ヤマゲンブログ

  1. 紙袋・紙箱通販のヤマゲンTOP
  2. ヤマゲンブログ
  3. コート紙素材とは

コート紙素材とは

コート紙素材とは

紙袋を選ぶ際は、用いている素材にも注目してみましょう。紙袋に使われる素材にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。

今回は、紙袋に使われる代表的な素材の1つとして、コート紙について詳しく解説します。コート紙の特徴を踏まえて、最適な紙袋選びにお役立てください。

コート紙は印刷適性の高さが自慢

コート紙の最大の特徴は、何といっても印刷適性の高さにあります。化学パルプ100%で作られた上質紙がベースとなっているため、非常に印刷適性が高いのです。上質紙といえば、コピー用紙として多く使用される傾向にあります。

上質紙の上に鉱物や顔料を素材としたコート剤を塗ったのが、コート紙です。コート剤を塗ることで、紙の表面を滑らかな状態にしてくれます。凹凸が限りなく少なくなることで、印刷に用いるインクが均一にのせやすくなるのです。

コート剤を塗る前だと、インクを紙が吸収します。これが、コピー用紙にカラー印刷した際に、色が滲んだり沈んだりしてしまう原因です。コート紙であれば、表面のコート剤に印刷しているので、紙がインクを吸収することがありません。

印刷適性が極めて高いコート紙は、シンプルなデザインよりも、写真を用いることで緻密な見栄えを実現できます。細部までしっかりと印刷でき、色も鮮やかに表現できるのは、コート紙ならではの特徴です。

コート紙は厚さによってグレードが分けられる

コート紙は、紙の厚さによってグレード分けされています。グレードは、ローマ字と数字をそれぞれ1字ずつ組み合わせて表現されます。頭にAがつくコート紙は、上質紙をベースとしているのが特徴です。これがBになると、中質紙がベースとなります。

たとえばA0と呼ばれるものはスーパーアート紙とも呼ばれ、写真集などに使われています。比較的厚さの薄いA2は、雑誌やチラシなどで使用されています。

好きなデザインを印刷したいのならコート紙がおすすめ

コート紙は、大変印刷に適した素材です。たとえば、紙袋に細かなデザインを色鮮やかに施したいのであれば、コート紙を用いるとよいでしょう。

コート紙を用いて繊細なデザインを施した紙袋をお求めの方は、ぜひ山元紙包装社にご相談ください。

  • いいね
  • ツイートする
  • Lineで送る
  • RSSフィード
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1185-78、東京0120-99-4129、夜間・休日090-6554-6006
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1185-78、東京0120-99-4129、夜間・休日090-6554-6006
無地既製品のパッケージショップ