お問合せ
お見積り

ヤマゲンブログ

  1. 紙袋・紙箱通販のヤマゲンTOP
  2. ヤマゲンブログ
  3. 片艶晒クラフトとは

片艶晒クラフトとは

片艶晒クラフトとは

紙袋は、使用している紙素材によって大きな違いが出てきます。片艶晒クラフト紙は、紙袋に用いられる紙素材として大変おすすめです。強度が強く、印刷適性も高い作りとなっています。

今回は、紙袋に使用される素材としてもとくにおすすめの片艶晒クラフト紙の特徴について、詳しく解説します。

クラフト紙の強度と高い印刷適性を兼ね備えた優れた紙素材

クラフト紙といえば、紙の原料であるパルプの色が色濃く出た茶色の素材です。片艶晒クラフトは、このクラフト紙を完全に白くなるように漂白し、さらに片面に対してプレス加工を施しています。

このため、高い印刷適性に加えてクラフト紙ならではの強度を獲得しています。コピー用紙として使用される上質紙と比べると、原料であるパルプの繊維が長く、さらにはしっかりと複雑に絡み合っているため、非常に丈夫な作りとなっているのです。

上質紙は、繊維を細かく砕くことで表面を滑らかにし、高い印刷適性を獲得しています。本来、丈夫さと滑らかさは反比例の関係にあります。片艶晒クラフト紙は、丈夫さと滑らかさに通ずる強度と高い印刷適性の2つの特徴を兼ね備えているのが特徴です。

薄い光沢を感じる片艶晒クラフト紙

片艶晒クラフト紙は、片面をプレス加工することで表面を滑らかにし、印刷に適するようにしています。紙袋に使用される紙素材のうち、片艶晒クラフト紙よりも印刷適性が高いものを挙げるとコート紙くらいしかありません。

コート紙と比較すると、表面の光沢具合が異なってきます。コート紙はコート剤を表面に施しているのでかなりの光沢があります。一方で、片艶晒クラフト紙はプレス加工をした真っ白の紙ですので、光沢は薄めです。

この薄い光沢が、紙素材特有の雰囲気をほのかに感じさせてくれます。高い印刷適性と強度、そして紙の雰囲気を感じさせてくれるのは片艶晒クラフト紙ならではです。

紙袋をお求めの方にぜひおすすめの片艶晒クラフト紙

片艶晒クラフト紙は、クラフト紙特有の丈夫さに加えて、プレス加工によって高い印刷適性を兼ね備えています。さらに、コート紙と比較すると、紙ならではの雰囲気を感じるのも特徴です。印刷によって自由に好きなデザインを施せるので、理想の紙袋を用意できるでしょう。

片艶晒クラフト紙を用いた紙袋をお求めの方は、ぜひ山元紙包装社をご利用ください。

  • いいね
  • ツイートする
  • Lineで送る
  • RSSフィード
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1185-78、東京0120-99-4129、夜間・休日090-6554-6006
無地既製品のパッケージショップ
お見積り・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
お見積り・お問い合わせはこちらから お問い合わせ番号:全国0120-1185-78、東京0120-99-4129、夜間・休日090-6554-6006
無地既製品のパッケージショップ